妊娠中は首イボができやすい!?そのメカニズムを大公開!

はじめての妊娠・・どんどん胎児の成長を感じられ楽しい妊婦生活・・
そんな中首や胸に発生するブツブツ&ポツポツ。
それってイボです!

実は妊娠中はイボができやすいんです!
今回はその首イボの種類やその原因を徹底的に探っていきます。

さらに、妊娠中でもケアできる方法を書いていくのでぜひ参考にしてくださいね。

妊娠中にはどんなイボができるの?

妊娠中のいぼの原因
では早速見ていきましょう。
まずは妊娠中にできる首イボにはどんな種類があるのでしょうか?
一緒に見ていきましょう!

①アクロコルドン

妊娠中にできるほとんどの首にできるイボがこのアクロコルドンになります。
別名を老人性イボと呼ばれるもので、30代を過ぎるころからでき始める首イボになります。

年齢を重ねるごとにできるイボになります。
3㎜以下の小さいイボで首だけではなく、胸元や脇の下といった皮膚が薄く柔らかい場所に出来るイボになっています。

加齢だけでなく、急激に太ったりするとできるイボになっています。

②PUPP

これは初めて妊娠した人に発症するイボになります。
実はこのイボ、私自身もなり、猛烈に痒くて痒くて仕方なかったんです・・・。
強いかゆみが特徴で、ブツブツがお腹周りやお尻、足にできます。

蕁麻疹ににたようなものといえば想像がつきやすいかと思います。
出産後に消滅する方がほとんどですが、掻きむしってしまいその場所が黒ずみになってしまう場合も。

あまりにも痒い場合にはかかりつけの産婦人科に行って相談しましょう。
ちなみに私は、軟膏を出してもらいました!

妊娠中のほとんどがアクロコルドンとなっています。
皮膚の柔らかい部分になんだかイボができてきたと自分で思う方はこのアクロコルドンだと思っていいでしょう。

妊娠中に首イボができる原因とは?

妊娠中にいぼができる原因
ではなぜ首イボが出来るのでしょうか?
その原因を探っていきましょう。

①免疫力の低下

妊娠中は、胎児を体が異物だと認識し、体全体の免疫力が一時的に下がるって知っていましたか?
このため、免疫力が落ちると代謝の低下につながり、首イボが増えやすい環境をつくってしまうんですよ。

妊娠中は風邪をひきやすかったたり、かかりやすいから注意するようにと言われるのはこのためなんですね。

②代謝の低下

免疫力の低下に伴い、体の代謝も低下します。
代謝が低下すると肌のターンオーバー機能が低下し、古い角質が剥がれ落ちなくなり、皮膚にとどまることになります。
そのため、角質がどんどん蓄積されイボに変化してしまうんですね・・。

③肌が敏感になっている

妊娠中は、体内が胎児のために働き、元から肌がとても敏感になってるのでちょっとした摩擦や刺激に反応して首イボが増えることになってしまいます。

また首イボだけではなく、ニキビや肌あれも起こしやすくなっています。
さらに、首イボができてそこにさらに刺激が伝わるとさらに大きくなって目立つというトラブルも。

できる前にしっかり予防することも大切ですし、できた後もしっかりケアしましょう。

以上がイボができる原因になります。
免疫力の低下⇒新陳代謝の低下が主な原因となっています。

妊娠中にの首イボは皮膚科で治療してもらえる?

首いぼは皮膚科で治療できるか
では妊娠中のイボは、皮膚科で治療してもらうことは可能なのでしょうか?
皮膚科や美容外科で治療する場合、内服薬やレーザー、ピンセットといった除去法があり、どれも簡単に取ることができます。

しかし、「妊娠中はどれもおすすめできません」。

その理由は、内服薬の場合胎児に影響が出る可能性が考えられます。
さらに体の状態が普段と違い、肌トラブルを起こしやすくなりがちです。

治療後にさらに肌が荒れてしまったというトラブルが起こる可能性も高いので、病院での治療は避けた方がいいでしょう。

さらに液体窒素で冷凍凝固させて取り出すという方法がありますが、これは胎児に影響はないといわれていますが、治療の時に痛むので、この痛いと感じることが胎児に影響を与えてしまう可能性があるんです。

人は痛みを感じると
・呼吸が浅くなる
・心拍数の上昇
・ストレスを感じ、体内の血液がドロドロになる

このようになります。

呼吸が浅くなると、へその緒でつながっている胎児の酸素が一時的に減少してしまうんです。。
またストレスもよくありません。

妊娠中のイボは病院にいってケアすることはお勧めできないので、自宅でできるケアをする方法が先決です。

妊娠中にできるイボケアとは?

ここからは妊娠中でもできるイボケアを見ていきましょう!
どれも安心して手軽にできるので実践してみてくださいね。

①入浴

日頃から入浴する週間をつけると、イボ対策になります。
入浴をすると、体内の血流がよくなり、代謝が高まります!
妊娠中は代謝がおち、老廃物の排出が滞りやすくなるので、お風呂に入って代謝をサポートすることで老廃物が排出が促進されイボが治ることもありますよ!

入浴後は保湿剤を使用して、乾燥を防ぐのもいいでしょう。

②バランスのよい食事

バランスの良い食事は、髪や肌を作る基本となります。
野菜、魚、肉をバランスよく摂取することが必要で、胎児にもいい影響を与えますよ!

老廃物の排出を促進するセロリやトマト、バナナといった栄養が豊富なものを積極的に摂取すると、体内の老廃物が滞ることがなく、身体に優しいのでイボ予防にもなります。

③睡眠

妊娠中は出産、授乳にそなえ睡眠が浅くなりがち。
特に後期になればお腹が大きくなり、良く眠れないという方も多いんです。

しかし、睡眠は体の基本で、体内のホルモンを分泌を促進し美肌にしてくれます。
ぜひアロマ等をたいて、良質な睡眠をとることを心がけてください。

④妊娠中でもつかえるケア商品

皮膚科にいっても治療はできないけど、気になるからなんとかケアしたいけど何がいいのかわからない!という方は、妊娠中でも安心して使うことができる首イボケア商品がおススメです。
ここでは3つの商品の情報を紹介しておきますので購入を検討している方は参考にしてください。

・シルキースワン

シルキースワン
出典 : http://hoconico.com/

シルキースワンといえば首イボケア商品で必ず名前の上がるケア商品となっています。
イボに効果のあるヨクイニン、アンニンエキスだけでなく、肌のトータルケアをしてくれる美容成分が豊富に含まれているんですよ!これひとつでスキンケアができるクリームなんです。

もちろん無添加にこだわっているので、子供から妊娠中のかた、敏感肌とたくさんの方が使うことができます!

国内工場で製造から販売までされているので、そういう点でも安心です。
顔など全身つかっても大丈夫なので、妊娠線のケアにも使っている方も多いんですよ!

・アンミオイル

アンミオイル
出典 : http://zealandbifu.com/

アンミオイルは、杏仁オイルを贅沢に配合している商品になっていて、杏仁の力で首イボをケアすることができます。

杏仁オイルに含まれるパルミトレイン酸が角質を柔らかくし、ポロっとイボをとってくれます。
さらにリノール酸が肌を綺麗にして、乾燥を防ぎ、刺激に強い肌を作ってくれるんですよ!

もちろん無添加にこだわっているので、妊娠中のケアにも使うことができます。

アンミオイルだれでもまずは使ってみてほしい!と願いを込めて1週間のお試しセットがあるんですよ!
980円でまずはその使い心地をためせますよ。

・艶つや習慣

艶つや習慣
出典 : http://www.aqua-b.jp/

艶つや習慣も販売累計数50万個と大変人気のある商品になっていて、女性だけでなく男性の方からも同じように高い支持を受けているんですよ!

従来商品を超える5倍もの配合量を誇る杏仁エキスと、ハトムギエキスが含まれています。
またイボケア成分以外にもプラセンタエキス、アロエエキスといった美容成分も含まれているので、肌のトータルケアができるんです!

艶つや習慣はオールインワンジェルになっているので、この1本で毎日の肌のケアが可能なんです♡
無添加なので子供から妊娠中の方でも安心して使うことができますよ。

・アプリアージュオイルS

アプリアージュオイルS
出典 : http://www.aib21.com/oils.html?utm_source=google&utm_medium=cpc&gclid=CjsKDwjw0cXIBRCxjqnE3K3sHhIkAL1LezRiQ9v6iGzdPkkfudrIF4Tfz6aBaO1fORt_4dsBMSwWGgKY3vD_BwE

アプリアージュオイルも杏仁オイル配合のオイルになっています。
19年間販売されているロングセラー商品となっていて、イボで悩む女性の味方の商品となっています。
杏仁オイルのほかにヨクイニンエキスもしっかり配合されています。

また皮膚を柔らかくしてくれるスクワランの血行促進する天然ビタミンE、天然のβカロチンも配合しているので、トータル的にケアしてくれます。

もちろん無添加なので安心して使うことができますよ!

産後の首イボケアはどうする?

産後の首いぼケア
では最後は産後のイボケアについてみていきましょう。
実は産前にできたイボは産後しばらくすると知らないうちに消えるというのがほとんどです。

しかし中には残ってしまったり再発する方も。
ですが多くの方は産後は「授乳」が待っていますよね。

やはりレーザー治療や内服は母乳に影響を与えることもあるので、病院で治療を受けるならしっかり医師と相談するようにしましょう。
できるなら時間がかかりますが、上の安心安全のケア商品を使ってのケアがおすすめです。

まとめ

妊娠中の首イボケアまとめ
いかがでしたか?
今回は妊娠中の首イボについてみてきました。
最後はこの記事のまとめを書いておきます。

  1. 妊娠中にできるイボはアクロコルドン
  2. 妊娠中は免疫力の低下や、肌の新陳代謝が低下するので、ターンオーバー機能が低下しイボができやすい環境になる
  3. 妊娠中のイボ治療は赤ちゃんへの影響を考えてお勧めできない
  4. 食生活や睡眠、入浴を積極的にすることでイボ対策になる
  5. 妊娠中でも安心して使えるケア商品がおすすめ

以上4つが今回のまとめとなります。
妊娠中は肌トラブルがつきものでその中でも首イボはよくあるトラブルになります。
できてもあわてず、今の生活を改善しましょう!
安心して使えるケア商品もぜひ使ってみてくださいね。

自宅での解消法と、基礎知識はこちらから!

関連記事をもっと見る